I.F.A innovation・future・architects

WORKS 作品

通り土間のある暮らし-庭と繋がる家-

注文住宅

2022年 
PLACE:摂津市

建築家 村西弘至 一級建築士/空間工房用舎行蔵一級建築士事務所

1970年京都生まれ。生粋の京都人。東京理科大学大学院修了。株式会社藤木工務店を経て、2001年河野太郎と「空間工房用舎行蔵」を共同設立。 気持ちの良い空間。心地よい空間。落ち着きのある空間。…非常に抽象的ですが、人々の“心の琴線”に触れるような空間造りをしていきたいと思います。

「町家の持つ、独特の雰囲気と落ち着きある空間が好きなんです。」設計を始めるにあたり、お施主様から頂いたご要望の中で印象に残っている言葉です。
京都や金沢の町家巡りがお好きで、雑貨類もセンスの良い素敵なものを揃えられ、庭木に対する知識も豊富。そんなご家族がゆったりと過ごせる空間を思い描いた時、広々とした庭の緑が、通り土間を介して建物の内部へ心地よく繋がり、庭に面した大きな開口から自然の風がそよぐ空間、和の落ち着いた色合いや木・珪藻土といった自然素材に包まれた空間に辿り着きました。

WORKS LIST 他の作品を見る