I.F.A innovation・future・architects

WORKS 作品

桜の木を借景にする家

マンションリノベーション

PLACE:交野市

建築家 浦田 彰子 二級建築士/モックケンチクラボ

帝塚山学院大学文学部美学美術史学科卒業。アパレル会社勤務の後、インテリアスクールにて建築・インテリアについて学び、大手リフォーム会社にて数々の事例を経験。2009年8月IFA住宅設計室入社。2012年より小坂と共に屋号を定め、モックケンチクラボをスタート。

1階角部屋という好立地の中古マンションリノベーション。 LDKの前には公園があり、窓から桜の木が借景できます。 公園の緑や花を見ながらくつろげるよう、4.5畳のタタミコーナーを 取り込んでLDKをゆったりと取りました。 足触りのなめらかなタモフローリングにころがりながら、 家の中から花見ができてしまうお家です。

WORKS LIST 他の作品を見る