BLOG | ブログ

現場レポート

土地の特徴を活かした平屋のような住まい―山之上5丁目の家

現場レポート
2020.10.17

山之上の住宅街に5人家族のための新たなお住まいが完成いたしました。
設計は、モックケンチクラボ 小坂友恵と浦田彰子が担当しました。

お客様のご厚意により、10/31(土)11/1(日)の二日間に渡り、完成見学会を開催させていただきます。

house-at-Ymanoue5cyome-Main
プロデューサー樋口が土地探しからご提案させていただきました。約11mのアプローチをもつ、全面道路より少し奥まった旗竿地かつ不整形というちょっと個性的な敷地。

この敷地で「アプローチから玄関土間までをフラットに」、
「できる限り1階で家族の生活を完結したい」というお客様のご要望を受けて、
モックの二人は平屋に近い住まいを計画することに。

不整形な敷地に基礎写真:基礎工事。台形のような個性的な敷地に沿った形に。

1階に生活動線のボリュームを確保するため、敷地いっぱいに建てた形状となりましたが、敷地に沿った不整形なLDKや中庭が生まれ、この場所ならではの特性と捉えた面白い家になりました。
建て方1建て方2写真:建て方の様子。

「美しく居心地の良い空間をつくる」建築家のこだわりとそれを実現させる大工の技術と心意気が詰まった空間となっています。

設計したモックの二人と棟梁の中薗大工による山之上5丁目の家のみどころを、IFA住宅設計通信にてご紹介しています。お手元に届いた際は、ぜひ一度ご覧ください。(WEBサイトにも近日中に公開予定です。)

完成見学会のお申し込みも受け付け開始しております。>>予約フォームはこちらから

お引き渡し直前の建物の内部をゆっくりご覧いただける、大変貴重な機会です。
この機会をぜひご利用ください。

※弊社の完成見学会は、お引渡し前のお施主様のご自宅をお借りして開催しております。大変恐れ入りますが、見学お申し込みは家づくりをお考えの方に限らせていただきます。予めご了承ください。

PAGE TOP