BLOG | ブログ

お知らせ

空間を拡張する目隠し壁-春日元町の家

お知らせ
2020.02.17

あたたかい日がつづいていますね。
お客様に提案する土地の下見に外出したプロデューサーたちも、コートを脱いで帰ってくることもしばしば。春はもう近いですね。

さて、先日ご紹介した「春日元町の家」。今週末よりお客様のご厚意で、3日間限定の完成見学会を開催いたします。

2.21号-2

作人により「BACK GROUND-背を流る-」と名付けられたこちらのお住まい。

施主であるO様ご夫婦のご要望は「街並みに溶け込みながらも、きらりと光る家」「住宅地に囲まれているため、家族のプライバシーを確保できる家」というものでした。

そんなご要望を元に、住宅地にありながら周囲の視線を気にせず、家族がのびのびと過ごせる空間を作人の二人がカタチにしています。

DSCF0954

建築家設計ポイント---------------------------------------------
歩道付きの道路に面する南東角地の敷地に建つため、特に周囲からの視線が届かないよう、ご家族が集まる生活の場を上階に設けました。
さらに、2つの道路に面したバルコニーには目隠し壁を配置し、このバルコニーに向けて大きな開口を設けています。

目隠し壁の内面は、室内に対する陽光の反射板となり、家の中に柔らかな光を送ります。その明るさと大きな開口の配置により、空間の認識は自ずとバルコニーまで拡がり、室内を超えた目隠し壁までの広さを感じる錯覚を生みます。

この拡張された生活空間が、視覚的にも機能的にも室内化を果たすことで、日々の暮らしの背景のように働き、ご家族の四季を通した会話につながっていくことを期待しています。
(作人/加藤純)
-------------------------------------------------------------------

住宅が密集しているエリアはもちろん、区画が整った住宅地でも配慮を怠ると、家の中にいても、近隣や前の道路を往来する人々の視線や気配が気になってしまいます。

周囲から閉じすぎることなく、明るく寛げる空間はどうしたらできるのか・・・
そんなヒントが詰まったお住まいです。

お引き渡し直前の空間を、ぜひ現地にて体感してみてください。

DSCF0944-編集

『春日元町の家』新築完成見学会
日程:2/22(土)~ 2/24(日)10:00-17:00
場所:枚方市春日元町(駐車場あり/詳細はご予約時にお伝えいたします。)

予約制の見学会とさせていただいております。
予約方法:お電話0120-556-327 または 見学会予約フォームより
(※当日予約も承っております。お電話にてお問い合わせください。)

資料請求はこちらから>>

PAGE TOP