BLOG | ブログ

現場レポート

藤阪東町の家

現場レポート
2018.09.24

先日、藤阪東町の静かな住宅街に「景色と薪ストーブを楽しむ家」が完成しました。
建築家・松永康宏と臨んだ、若いご夫婦のためのお住い。
土地探しからお手伝いさせていただきました。

どんな家づくりとなったのか、少しご紹介させていただきます。

DSCF2558

「景色が良い場所で、自然と一体になる暮らしがしたい」と希望されていたM様ご夫婦。

そんなご要望からプロデューサー谷口がご紹介した土地は、藤阪東町の静かな住宅街にある旗竿の敷地。

前面道路から専用通路に入るため敬遠されがちですが、この敷地の北側はとても見晴らしの良い景色が広がっていたのです。
職場が近いこと、そしてこの眺めを気に入っていただき、「景色を楽しむ」家づくりがはじまりました。

DSCF2549

見晴らしが良いこの敷地。
しかし、開放的な北面を除いた3方は境界ぎりぎりまで隣家が迫っていました。

そのまま家を建てると室内全体が暗くなってしまったり、窓を設ける場所によっては外からの視線が気になってしまいます。
プライバシーと採光を保つため、どのように窓を配置するかが肝心でした。

そこで松永氏が提案したのは、眺望や採光が期待できる2階LDKのプラン。

隣家に接する南側は視線が重ならないよう高窓を採用し、見晴らしの良い北側に大きな開口を設けて、景色を室内に取り込みながら採光と通風を確保しています。

42117257_1021561931384996_8303183316685684736_n42194065_1021561721385017_175645913090359296_n

また板張りの天井、床、バルコニーのウッドデッキの貼り方向を合わせることで、自然と視線が外の景色に向かうよう計画。

空間に広がりを感じるよう工夫しています。

バルコニー越しの緑、気持ち良い風が入ってきそうですね。

42059580_1021562024718320_8727569202707169280_n42085490_1021561884718334_5438452177636950016_n

2階LDKにはご主人こだわりの薪ストーブを設え、前面道路やアプローチからは想像もつかないほど豊かな空間が広がっています。

ゆったりとした玄関スペース。踏み込みが無く浮いているような階段。視線の抜ける感じが広がりをつくり出している。すぐ隣のシューズクロークからホールへの動線を確保しているため、玄関はいつもすっきり。

この他にも、寝転がったり、読書やPC作業ができる子上がりのたたみスペース、趣味の電子ドラムとピアノ演奏を楽しめるフリールーム、無駄なく計画された家事動線など、機能性をしっかり考えながら、遊び心のあるお住まいです。




建築家が設計するのは、建物だけでなく、周辺環境を含めたそこでの「暮らし」。
ご家族の理想の暮らしについてじっくり話しながら、その土地の長所と短所をしっかり理解し、魅力を活かしながら設計するため、ならではの唯一無二の住まいにつながります。

現在も新築、リノベーション共に着々と工事が進んでいます。
次はどんなお住まいが完成するのか、ぜひお楽しみに。

IFAの施工事例はこちらからご覧いただけます>>WORKSをみる

Photo by Shinji Higuchi & Shogo Nakashima

PAGE TOP