BLOG | ブログ

建築家エッセイ

落水荘/設計 フランク・ロイド・ライト

建築家エッセイ
2017.11.05

sett

建築家フランク・ロイド・ライトは浮世絵のコレクターとしても有名でした。

「木曽街道小野の瀑布」/葛飾北斎

この絵のイメージを膨らませると、滝と建物は一体となりました。
そうして出来たのが、名作中の名作「落水荘」です。

施主のカウフマン氏は図面を見て
「私は滝を見て過ごそうとしていたのに…」
と不満を言ったら
ライトは「滝を眺めるのではなく、滝とともに暮らすのです。」
と言ったそうです。

後に、カウフマン氏も満足して滝との暮らしを満喫したといいます。

"木々の声、風が歌に奏で…
水のキラメキ、光が詩につづる…
木漏れ陽は優しく、
光と影の模様を織りなし
自然の力強さと繊細さを
取り込む…“

念願の「落水荘」へ
ニューヨーク建築巡礼で
飛行機を乗り継ぎ、ピッツバーグで一泊して、早朝からレンタカーを走らせて、この住宅を見るためだけにこの地へとやって来ました。
朝から、降り続けた雨も、見学時には上がり、薄陽が射すなか、夢のようなひとときを過ごすことができました。

建築家・交久瀬 常浩
2016年11月号 建築家エッセイより。

DSCF2745

落水荘。
20世紀を代表する建築家、フランク・ロイド・ライト(1867-1959)によって、1935年に造られたライトの代表作のひとつです。
アメリカらしい広大な森の中にたたずむこの建築は、滝の上に建てられています。
建築やデザインを学ぶ人は必ず触れる作品ですが、俳優の福山雅治さんが出ていたキューピーハーフのCMに使われたり、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。(はじめてみたとき驚きました(笑)>動画はコチラ ※youtubeへ移動します。)

DSCF2711
(滝の真上に建つ。リビングから延びた階段。)

2015年に交久瀬さん案内のもと、IFA建築研究会アメリカ海外研修で訪れたとき、一人では絶対に来れないし、まさか実際に目にする日が来るとは思っても見なかった、と全員で感動したのを覚えています。

IMG_1870


水平が強調された外観。
日本の「尺」のような人の身長などを基準にして設計する「ヒューマンスケール」で考えられた、落ち着きある少し低めの天井。
石張りのリビングにはじまる、空間に迫力を与える素材の魅力。
周囲の環境を配慮し計画された、外の景色と室内の関係性。

写真で見ていたものと同じ!という感動もありましたが、
実際にその空間を体験しないとわからない、多くのことを学ぶことができました。

DSCF2840

将来、自分でこんな豪邸を同じように建てるのは無理ですが、リビングの窓際に置かれたソファや景色の切り取り方、インテリアなど設計のポイントを、ところどころエッセンスとして取り入れられたらいいな~と想像しながら見ると、名建築は意外と身近で、とても楽しいです。

IMG_1903
(客室棟につながる階段。ジグザグの屋根がおもしろい)

11月26日には京都府丹後を交久瀬先生と建築をめぐる日帰りバスツアー 「建築家と行く 丹後探訪バスツアー」を企画しています。
詳細はこちら>>
お申し込み締め切り間近です。
この機会にぜひ「建築家の魅力」に触れてみてください。

アシスタント 中井

IMG_1865

PAGE TOP

堀部安嗣「阿佐ヶ谷の書庫」

建築家エッセイ
2017.02.19

pht_shoko02

藤森の敬愛する堀部安嗣さんが設計された社会学者である松原隆一郎さんの書庫です。
わずか8坪の敷地に、松原さんの蔵書1万冊と祖父の仏壇をおさめるスペース、執筆をされる為のスペースという一風変わったプログラム。
たくさんのエスキスを経て堀部氏が出されたプランは 四角いコンクリートの塊を縦に円筒形にくりぬき、アリの巣のようにつないだプラン。
円筒に沿って本棚がぐるっと並び、グンナール・アスプルンドの「ストックホルム市立図書館」をギュッとコンパクトにした様な感じです。

asagaya-02(筒状の本棚の中を走る螺旋階段。本棚の途中には祖父の仏壇が)asagaya-03(一番下の階は執筆スペース。とても落ち着くそうです。)グンナール・アスプルンド_ストックホルム市立図書館(グンナール・アスプルンドの「ストックホルム市立図書館」)

今回紹介させていただいた「阿佐ヶ谷の書庫」
土地探しから完成までの一部始終を松原さんがクライアントの立場から書かれた本があります。「書庫を建てる」とても面白いのでご興味のある方は是非。

!cid_57CF09A0-7391-4C90-AE75-B99F13D1F4D2

藤森 大作

IFA住宅設計通信 2016年7月号 建築家エッセイより

----------------------------------------------------------------------------------------------------

IFA住宅設計通信は、IFAで家づくりをしてくださったお施主様、IFAの見学会やイベントにお越しいただいたお客様にお送りしている、季刊誌です。

IFAの建築家による「建築家エッセイ」や建築研究会のレポートや室長菊井によるコラム、見学会情報など様々な情報をIFAスタッフ自身が文章を書き、発信しています。

室長や建築家、スタッフ、社内の雰囲気が伝わる通信となっています。

家づくりをお考えの方にご覧いただければ幸いです。

>>資料請求・お申し込みはこちら

PAGE TOP

建築巡礼『京都国立博物館』

建築家エッセイ
2017.02.17

3

最近、鳴り物入りで、オープンした博物館といえば、
京都国立博物館「平成知新館」です。
ミュージアムの設計では世界一と言われる谷口吉生氏の手による建築は、
あらゆるメディアにとりあげられて絶賛されているので、
偏屈な私は、明治につくられた、
片山東熊 設計の旧館の方を巡礼する事にします。

旧館の建物は帝国京都博物館として明治28年に完成。
レンガ造のフレンチバロック様式の壮麗なデザインの建築です。
中央には大きなドーム、両翼にもそれぞれ小さなドームがのっています。
正門の方から眺めると、噴水を手前にして、ロダンの彫刻を中心として左右対称の建物が見えてきます。
外部には細かい装飾が散りばめられていますが、その凹凸の出幅が小さく、手間をかけながらも「なにもやっていませんよ」という上品さのオーラを漂わせています。
内部の見どころは中央ホールです。

2
天皇を迎える為の部屋として設けられた大空間で、
列柱によって支えられた天井の中心から、光が降り注いでます。
外部の印象とは一転、中央ホールは、「これでもか」と言わんばかりの装飾が
空間を覆います。
しかし、色彩は、漆喰の白と基壇のグレーのみ、
それがかえって装飾を際立たせます。
こんな上品な建築他にない。と言いたいところですが、

今年、9月に開館した「平成知新館」の上品さも凄い。
こちらも水平、禁欲で勝負する…
平成VS明治の上品オーラの対決の図式といったところでしょうか?

ガチの勝負を是非ともご覧いただきたいと思います。

1

(京都国立博物館「平成知新館」設計・谷口吉生)

交久瀬 常浩
Katakuse Tsunehiro

IFA住宅設計通信 2015年1月号 建築家エッセイより

----------------------------------------------------------------------------------------------------

IFA住宅設計通信は、IFAで家づくりをしてくださったお施主様、IFAの見学会やイベントにお越しいただいたお客様にお送りしている、季刊誌です。

IFAの建築家による「建築家エッセイ」や建築研究会のレポートや室長菊井によるコラム、見学会情報など様々な情報をIFAスタッフ自身が文章を書き、発信しています。

室長や建築家、スタッフ、社内の雰囲気が伝わる通信となっています。

家づくりをお考えの方にご覧いただければ幸いです。

>>資料請求・お申し込みはこちら

PAGE TOP